×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

山草花



夜明け  宝満山山頂から  10/13


宝満山(福岡)キャンプ

       2008 10/12〜10/13  晴れ



「山頂から見る夜景は素敵ですよ。」 とGENさん(九州の山歩記)から
宝満山テント泊のお誘いを受けました。

     集合場所    宝満山キャンプ場
集合時間    17:00頃
現地集合・解散

小学6年生の男の子から、70過ぎの熟年まで総勢13名。
一つの山を目指して、いろんなコースから登ります。


私達は、行きは筑紫野市本道寺から堤谷登山道、帰りは大谷尾根道を歩きました。

GENさんとHaru以外は初対面でしたが、「山」に魅せられた者の集まりに
いつものごとく すぐに馴染み、一夜の宴を存分に楽しみ

また お天気にも恵まれて
山頂からの夕焼け、夜景、朝陽は素晴らしく
感動の二日間でした。




参加者

GENさん  
 GENさんの山友のジュンペイさん(筑紫野市のアウトドアショプ、『トレイル・フィールド』代表)とその仲間10名
Haruさん Hiro 






アケボノソウ(曙草) リンドウ科   宝満山にて 2008 10/12

林の中で、
ひっそりと慎ましく咲いている花があるので
上から覗きこんで見ると アケボノソウだと気づきました。



ブログやHPで写真を見た事はあるのですが、実際にはなく
その印象は、
黄緑色と紫色の点が妙に鮮やかで、何かの暗号のように見え
なんだか怪しい花のようでした。



実物は、
とても とても可憐な花でした。











コース

筑紫野市本道寺〜堤谷登山道〜宝満山〜大谷尾根道








本道寺林道の先に、駐車スペースがあります。
  筑紫野市本導寺バス停から本道寺林道へ。

  本道寺林道を抜けると、堤谷登山道の入り口があります


  スタート
   
14:00  堤谷登山道入り口 

   


   





14:35 金剛の滝
   堤谷登山道は川に沿ってあります。
    小さな小さな滝があり、それぞれに名前がありました。

    一ノ滝、二ノ滝、三ノ滝、
    初音ノ滝、前ノ滝、奥ノ滝(女滝)、鼓ノ滝、
   
   14:30
  
  鼓ノ滝を過ぎたところで、ヘビさんにであいました。  
    ビックリして
    「きゃ〜〜!」と悲鳴をあげると
    ヘビさんも慌てた様子。
    飛ぶような速さで下って行きました。


    金剛ノ滝、水垢離ノ滝、般若ノ滝、行者ノ滝、

    GENさんは、長い三郡縦走路を25kのザックを抱えて
    篠栗から宝満山に向かっています。
    「無事に着くかな?」と心配でした。

    私の夕食の材料がその中にあるので、
    今度からは自分の分は自分で持って来ようと
    反省したり。

    すると目の前に、「絶食ノ滝」があり。嫌な感じ。
    もしかしたら? 夕食は絶食?!
    そんなことはないよねー。
    GENさんガンバレ!

   15:05    
    清めノ滝の先を左に曲がり、
    宝満山キャンプ場へ向かいます。
    













15:50 宝満山キャンプ場 到着

    先に GENさんが着いていたので
    ホッとしました。
    
    5人だけで他の人はまだのようです。
    GENさんが美味しいコーヒーを入れてくれました。

    山で飲むコーヒーは最高!!

    おごちそうさまでした。

       







 
水場

キャンプ場の近くに、きれいな水が流れていました。
こんな山頂に水がでてくるなんて、不思議です。



バイオトイレ

完成したばかりで立派なものです。
管理人さんが、手洗いの水を運んでくださり感謝でした。





テント設営の後、GENさんとHaruと3人で 山頂からの夕日を見に行きました。






17:53

登ったら、ちょうど陽が沈むところ。

ほんの短い時間の美しい夕焼けです。みとれている内に沈みそう。


秋のうろこ雲がオレンジ色に染まりました。







東の空は月がでてました。


昨日 2008 10/11

 名月「十三夜の月」

でした。










みんな揃ったところで、夜の宴となりました。

GENさんが運んでくれた薩摩の地鶏の鍋は、とてもおいしかった!!
その他ギョウザ、焼肉、パスタなど。

酔っ払ってヨレヨレの美女もいたりで楽しい時間を過ごしました。



途中で夜景を見に行こうとすると
Haruは、飲みすぎたのか行かないと言います。









小学校6年生のK君とGENさんと行きました。



美しい夜景が、思うようにカメラにおさまりません。
3脚がないと難しいようです。





「おばちゃん見て!」
と K君が撮った写真を見せてくれました。

思わず大笑い!!

誰かさんの後ろ姿(頭の)でした。

ゴメンナサイ!















二日目  2008 10/13

6時過ぎ、日の出を見るために山頂に行きました。

 6:45  福岡市方面
宝満山の陰が映ってます。




7:00 昨夜と違って とても静かな朝です。

8:50  お別れの時が来ました。







大谷尾根道をGENさんと3人でくだります。

10:00 駐車場到着






                      テント泊の練習、2回目。
                      練習=実践です。
                      今年の5/3〜5/4 宮崎でGENさんとキャンプをしてからテント泊の面白さがわかり、
                      今回も子供のように楽しみました。







    

 
              山の先輩Gさん(70歳過ぎ)は
              心臓が悪くて医者から止められているのに
              ゆっくりゆっくり 自分のペースで、山に行くと言う。

              どうして行くのですか?と尋ねると

              少し考えて
              ・・・・・・「山がいいから。」
              と答えられた。
    

              ・・・・・・「山がいいから。」
              その言葉は 何故か心に残りました。

              Gさんの心の奥の何かを 私は感じたのですが
              言葉では言い表わせません。