×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


山草花



ミツバツツジ 鑑賞


井原山(福岡) 983m  2009 5/5 晴れ



「山頂であいましょう!」


洗い谷登山口(前原市瑞梅寺)〜縦走路〜井原山〜ダルメキ谷コース〜林道〜洗い谷登山口


参加者

佐賀県   nodokaさん、鮎さん アキさん  かずさん
 福岡県   S・TAROUさん GENさん Haruさん Hiro









ツクシタニギキョウ


よろこびの一枚
ツクシタニギキョウ (筑紫谷桔梗)とヒメレンゲ(姫蓮華)







S・TAROUさんからお誘いを受け、ミツバツツジ鑑賞に行きました。
初めての洗い谷コース。


佐賀県からは のどかさん、鮎さん、アキさん、かずさんがやってきます。
縦走路で待ち合わせの予定。とても楽しみでした。






AM7:30瑞梅寺バス停広場に集合。
ここから登山口まで歩いて20分程掛かるので、GENさんの車で登山口まで移動。





7:35 スタート

洗い谷登山口(前原市瑞梅寺)


S・TAROUさんのご案内で
西谷川の上流に沿って登ります。







最初に見つけた花はホウチャクソウ(宝鐸草)。
次は
ラショウモンカズラ(羅生門葛)
それから
ツクシタニギキョウ ヒメレンゲ・・・など
 たくさんの野草にであい

嬉しい悲鳴!




 







佐賀ののどかさん達との待ち合わせまでには
たっぷりと時間があるので
ゆっくりと自然観察をしながら歩く。

岩がヌルヌルとして滑りやすい






第一のロープの箇所。

垂直な崖を登る。









第ニのロープの箇所。


滑りそうな崖。気を抜けない。

心配したけれど、案外スイスイと登れた。











この後 第三のロープ

無事にクリアー!





ここまでは よかった。










な〜んとなく 荒れた雰囲気になった。



この辺から やけに柔らかい土になり
足を踏み込むとズズーと下がっていく。

泥の中に顔を突っ込みそう。

後で のどかさん達やたくさんの花見登山者にあうので、服が汚れないようと気をつけて歩く。

写真を撮るゆとりは なくなった。



その後は
壁のような崖を何度もはい上がり。
まるでサバイバルゲームのよう。

生き残るのはだれか? みたいな。

なんか変。





しかし
S・TAROUさんを信じて歩く。



行けども行けども道なんて ないじゃないの〜?

嫌な予感!!





Haru が 「さっき 道を外れた。左に行かないといけないのに 。」 

とぽつり。

「なんで はよー教えてやらんとよー!」

GENさんも外れていることは、わかっていたようだ。


と言うことは
案内人のS・TAROUさんだけが、気づいてなかった・・・・。








そのうち
完全に道を外れてしまい、ここが何処なのか?
誰にもわからなくなった。



しばらく登るとヤブのなか。

どっちを向いてもヤブ。

嫌いなヤブ・・・・・。





先に 尾根に登ったS・TAROUさんが
逃げるように あわてておりて来た。

「ヘビがいた〜マムシだ〜」


「エ〜ッ!!

そんな〜

もう いや。」




それから、やぶを 
かきわけ かきわけ 登る。

必死に。




尾根道が近くになり、話声が聞こえた。

すぐそこなのに
 なかなか たどり着かない。

チラッとピンク色が見えた。



また かきわけ かきわけ進むと





目の前には 美しいミツバツツジ!


やっと ミツバツツジさんに会えたのです。



「ヤッタ〜!縦走路だ〜」







その日、超難関な道を選んで登って来たのは 我ら4人だけだったと思う。
(と言うか 選べなかった。 もうー コリゴリ!)











雷山寄りの縦走路で のどかさんとあきさんと鮎さんにであうと

なんだかホッとした。




久しぶりに ハンサムなコヨーテさんとも出あった。

「井原山の主。」とGENさん。













井原山に向かう途中で、可愛いかずさんと久しぶりの楽しい再会。




初対面の鮎さんは、のどかさん姉妹の山歩きのきっかけとなった方だそうです。











ミツバツツジのトンネルをくぐります。


12:20  山頂到着

ランチタイム







珍しく 遠くまで景色が見える。

海がきれい!












ランチの後は、みんなで爆笑懇談会。

かずさんの体験談で盛り上がった!




佐賀の4人のお嬢さんとお別れです。

ほんのひと時が あまりにも楽しくて
別れ難い。
 

「またね〜」




帰りは、緩やかなダルメキ谷コースをくだりました。













今回は、S・TAROUさんのお陰で、とても変化に富んだ山歩きが出来ました。

のぼりは 苦手なヤブコギでしたが、 けっこう楽しかった様な気がします。

いつの間にか新規開拓ルートができました。

「洗い谷 Bコース」
とGENさんが名づけました。

へびさんコースです。

私は
もう 二度と足を踏むことはないと
思います。






それぞれの地から 一つの山を目指して登ることは
人生の縮図のようなものです。

みんないろんな体験を経て
同じ天国へと たどり着くのですから。





青い空、新緑、たくさんの野草、涼しげな沢と滝、ヤブ、満開のミツバツツジ
そして
みなさんの笑顔。


心から 感謝!