×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

山草花





巌流島  彦島  六連島(下関市)   風頭山頂から



風頭山(かさがしらやま) 364m 〜 風師山(かざしやま)362m 〜 矢筈山

2010 12/4
福岡県北九州市門司





登山口(9合目)

門司税務署から清滝公園経由、車で5分。


途中から美しい海が見えはじめ
「わあ〜綺麗!」




登山口から15分程で
風頭山頂です。


風頭山頂


風頭山頂からの眺めは、絶景。


晴天に恵まれ、美しい青空と海を見る事ができて感激!




左下が巌流島 
宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘地






関門海峡と関門橋  風頭山頂から

橋の向こうは 山口県下関。 









小倉、八幡方面 風頭山頂から
まだ登ったことのない皿倉山が見えます。










風頭山頂には、三つの石碑がありました。


山よ
  友よ






    この頂に立つ
    幸福の輝きは
    これをとらふる
    術を知りし
    山人たちの
    力によるものなり

       槇 有恒
登りて空を
仰ぐとき
雲と遊ばむ
こころ起りぬ


        吉井勇






山に行けば
「幸福の輝き」は 
誰でも もれなく 得られますよ。







風頭山頂から5分で風師山山頂。

それから
風師山の南峰を登ると
ず〜〜〜と下り。

小森江分岐へ



分岐から10分で
矢筈山山頂。


折り返し
所要時間は 3時間。





先程の門司区小森江は、
「花の命は短くて、苦しき事のみ多かりき」の 作家 林芙美子の生誕の地。



記念文学碑があります。


 いづくにか 吾古里はなきものか  葡萄の棚下に よりそひて
よりそひて 一房の甘き実を食(は)み 言葉少なの心安けさ
梢の風と共に よし朽ち葉とならうとも
哀傷の楽を聴きて いづくにか 吾古里を探しみむ
(掌 草紙の詩)








その後は
近くの海岸で遊びました。


ゲンカイイワレンゲ









シマカンギク








三角と丸の大きな「おむすびの岩」です。