×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

山草花



根子岳 地獄谷




根子岳 東峰 1408m (熊本 阿蘇)

2008 11/2 曇り/時々晴れ




「地獄谷を覗き込んだら、極楽が見えるよ!」

「見えました!」





英彦山の予定でしたが
「余りにも根子岳の様子が良いので変更したい。」と
二日前にGENさんから連絡が入りました。

GENさんのヨミが大当たり!



参加者

GENさん
 まつやんさん いーさん Haruさん、Hiro




初めてご一緒する「まつやんさんといーさん」との出逢いは とても楽しみでした。

いーさんは、
前日霧島の紅葉を楽しみ、引き続き根子岳でした。
立派な体格なので、登山歴が長いのかなと思ってたら
私と同じ、初めて2年だそうで
景色等の写真は とても情緒的、自然を愛する優しい人。


まつやんさんは、
いつも明るい笑顔で話をされ、回りの空気を和らげる方。
美しい花や景色に出逢うと、なかなか進みません。
私と同じのかなりのスローテンポ。



根子岳






コース


上色見登山口(阿蘇郡高森町)〜大戸尾根〜東峰〜天狗のコル〜ヤカタガウド(谷)〜ヤカタガウド登山口(阿蘇郡一の宮町)








AM8:00ごろ 上色見登山口 到着
空はどんよりとした曇り空、ガスもかかりはじめ、祈る思いでスタート。




いざ、出発と言う時に、
「タイヤが溝にはまったので、手伝ってもらえませんか?」






力だけはあると言う頼もしい男性4人のメンバーが加わり、無事に脱出!






8:16
ホッと安心して、みんな共に出発。




すぐ近くの放牧地の第一のゲートから入ります。





少し歩くと、可愛いウメバチソウです。
辺りを見渡すと、ヤマラッキョウの花も咲いてました。





まだ、いろんな草花が咲いていそうなので回りを見ながら歩いていると
GENさんが 「 「オイシ草」 が見えてきたよ。」
と言うので、どんな草花なのか楽しみにしてたら






「見えてきた!見えてきた!」
「オイシソウ」が見えてきた!」




GENさんの目線の先は、どう見ても牛さんの姿しか見えません。
「美味しそう」 なの??





8:33 
放牧地の第2のゲートから山道へ。







急坂を登ります。








先週行ったくじゅうとは違った
赤・ 黄・オレンジ・緑・黄緑とさまざまな色で綾なす美しい紅葉。









9:41

時々晴れ間が覗き、素晴らしい山歩きとなり
初めて見た天狗岩は、美しい紅葉の衣をまとっていました。

あの天狗岩のコルから地獄谷の素晴らしい紅葉が見られるとのこと 楽しみです。







その後
「アッ!フイルムが無くなった! 今日は、これで写真は終わり!」
とGENさんが突然大騒ぎ。





一瞬間、何とかしてあげたいと思ったが、
エ!フイルム?デジカメに〜〜〜〜〜。











10:10 東峰山頂 到着



東峰山頂で5人の記念写真を撮り終えると、フッと目の前に
久留米の耳納連山にいる筈のタクさんが、現れた!



思いがけない出逢いがとても嬉しくて
タクさん!タクさん!タクさん!・・・・・・」と何度か呼びかけて、
やっと気づいてくれた。




紅葉が沢山のことか、人が多いから沢山と言っているのかな?」
とタクさんは思っていたそうだ!



からつ労山のテツさん、アキさん、マサル1さん、+3Kさんと一緒でした。








東峰山頂からは、先週歩いたくじゅう連山が見えます。





ここからは、10人で天狗のコルからヤカタガウドの谷を下る事になりました。




またまた嬉しいことに
豊津の俊ちゃんと信ちゃんにも逢いました。





天狗のコルへ。


東峰山頂ではガスがかかっていましたが、これまたうれしい事に晴れ間が見えてきました。


阿蘇五岳の涅槃像の顔の部分の稜線を
アリさんのように列をなし 登ったり下ったり。


尾根が陥没して切れたところが一箇所あり、
その幅は飛べそうにありません。

あきちゃんと私が躊躇していると、
まつやんさんが手を伸ばして助けてくれました。
ありがとう!









11:13

天狗岩が見えます。










11:37


天狗のコルに到着

テツさんとあきさんと私は、おなかペコペコ!


みんなで、ゆっくり座る敷地がなく
昼食は、ヤカタガウドの谷を下ってからになりました。









そして いよいよ 天狗のコルから地獄谷を見下ろします。





タクさんが言ったとおり
本当に 地獄谷を覗き込んだら、極楽が見えました!




離れたくないような美しい光景。
この美しさは、写真ではなく 私の心にしっかりと焼きつけようと思いました。


こんなに美しい世界に私は生きているのです!!










11:50 


ヤカタガウドの谷を下り始めました



登りの大戸尾根とは、また違ったすばらしい景色の展開です。

谷に沿っての紅葉は、見事な美しさ。





しかし
足元はゴロゴロ石で歩きにくい。

















12:55






13:00  
砂防ダムの近くで待ちに待った
楽しい昼食。




テツさんがりんごの皮をむいている。
今時は、男性がむいて女性が頂く!ありがたいねー。


チョビチョビと美味そうに水? を飲む人もいる。













14:00

ヤカタガウド登山口到着






ジグザグの稜線を眺めては、あの山は私には登れないナァ と思っていました。
「根子岳は遠くにありて思うもの」なんて。
案外、登れるものですね。

無事に着きました。










お天気に恵まれ、美しい紅葉に恵まれ、素敵な山友に恵まれた
最高の山歩きが出来ました。

いつも 美しい景色に触れただけで、幸せな気持ちになります


本当は
私達人間は恵まれた存在だなと思います。
真実の恵みは
この世の有形無形の財産ではない所にあるのですから。



「地獄谷を覗き込んだら、極楽が見えるよ!」
深い言葉です。
もう一度 じっくりと味わいたいと思います。


同行してくださった皆様、喜びいっぱいの一日をありがとうございました。