×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



山草花



セリバオウレン(しろ)







                      経ヶ岳  1075.7m

                        長崎県  2008 3/9  曇り/雨






セリバオウレン(ピンク)




                         


       
                                 動画       click here
                           

                                タイトル      
経ヶ岳 ひとやすみ











                     長崎の山は今回初めてです。
                     雨の経ヶ岳でしたが、沢山の新しい人との出会いがありました。
                     出会いのお陰で、心はとても充実した一日となりました。



                              メンバーは総勢24名
                                  長崎組 「てくてく山の会」
                                        リバーさん マウントさん モーりーさん モナさん 梅の花さん 
                                        コスモスさん ヤマボウシさん クラッカーさん あられさん     
                                        トミちゃん ヨーデルさん ヒルさん エッちゃん そよかぜさん

                                 
                                  佐賀組  3Yさん(母 女子 男子) 3名
                                  福岡組  肉まんさん タッチーさん GENさん Haruさん Hiro
                                  別動隊  コヨーテさん 山馬鹿さん


                                       


                   
「てくてく山の会」は昨年12月に誕生した新しい会で、その企画に参加させていただきました。
                   名前の通り てくてくと ゆっくり歩きをします。
                   遅い人にあわせて、いたわりあい 支えあうとてもすばらしい会でした。
                   
そよかぜさんの紹介です。
 
                  
                   福岡の
GENさんと佐賀の3Yさんとも初めての出会いで
                   二人とも明るく気さくで、これからもズーッとお友達でいたいです。

                   
コヨーテさんとは普賢岳以来。
                   待ち合わせのダムで「イチゴをどうぞ」 とくださる。
                   あっさりしたとても良い方。
                   
                   
山馬鹿さんともひさしぶり。
                   先に急ぎで登り終えていた筈なのに、私たちが降りてくる時間を見計らって待っておられた。
                   とても律儀な方。

                   時々ご一緒する肉まんさん タッチーさん
                   
肉まんさんは    
                   いつものごとく  最後にびっくり楽しい企画を用意して下さっていた。

                   
タッチーさん
                   帰りは一人で先に。無事に着かれており安心しました。


              クラッカーさん あられさん
                   やっと あられさんの名前を覚えたかと思ったら
                   クラッカーさんの名を忘れていました。 失礼いたしました。












マンサク




                        目的のマンサクは、数輪しか見る事が出来ませんでしたが
                        セリバオウレンと言う新しい花に出逢いました。

                        
セリバオウレンは、白と薄いピンクの色があり
                        楚々とした小さな愛らしい花でした。

                        地元のそよかぜさんの案内で、知る事ができました。

                        経ヶ岳の山頂近くからは岩が目立ち、
                        よく見ると 一枚一枚めくるように剥がれていました。

                        剥がれた岩が小さく割れて庭園のように足元に散らばり、歩きやすく
                        そのような中にマンサクの木がありました。

                        黄色の花が満開の時は どんなにか風流な自然庭園が見られることでしょう。

                        歩いてるうちに 
                        四季折々に キツネノカミソリやシャクナゲ等の美しい花が次々と咲くことが判りました。
                        

 

                        帰りに 車中で花の名前を思い出そうとしました。
                        「セリガオーメンでしたよね」と自信満々に言うと
                        GENさんと肉まんさんがしきりに首をかしげてました。
                




セリバオウレン





セリバオウレン



         

              

                             コース

               黒木〜大払〜つげ尾〜経ヶ岳山頂〜中山越〜八丁谷〜黒木





              5:30 福岡組は大野城市にて集合

                        GENさんとは初めてのご対面。
                        空模様が気になりながら長崎大村へと向かった。

              

  
            萱瀬ダム
  

     7:24 萱瀬ダム到着(大村市)


     集合の予定時間は8:00
     
     コヨーテさん、3Yさん、長崎組と続々到着。

     3Yさんと二人の子供さんと初めてのご挨拶。

     その後、登山口の黒木に移動
     










            8:20

                                黒木登山口      まずは準備体操





               
 
   24名全員 自己紹介を終え、経ヶ岳山頂目指して元気に出発。










 9:13 大払谷経由でつげ尾まで上ります。







                   9:45

                       雨が降り出したが、みんな笑顔がいっぱい。






     10:05

     植林から自然林になった。






                10:30

                    苔むしてとてもいい感じ。

                    
「急がなくてゆっくりいいよ。」との声かけがあり
                    ゆっくりゆっくりと登る。


                    全く きつさを感じない山登りは初めて。






  
  ←遠目山・郡岳  難路 9km        経ヶ岳 0.6m→

 10:40  
   分岐 つげ尾到着

    
   ここで10分ほど休憩。
   
   雪はない。

   この尾根道に
マンサクの木が所々にあった。
   初めて見た記念すべき数厘のマンサクを
   カメラにおさめた。
   これ以後は咲いてなかった。
   貴重なものとなった。
   

  








              11:10

                 山頂近くになると雪が氷り とても滑りやすい状況になった。
                 真剣に登らないとすぐにスベリそう。

                 最近はこういう緊張感が、厳しいけれど楽しい。






    11:25
   経ヶ岳山頂到着

    まわりの景色が見えない。
    次回の楽しみにしよう。

    
みぞれ交じりの雨が降り
    山頂にいた時が、一番天候が悪かったようです。


   
 






ほんの少しだけ景色が見えました。

             





         雨にも負けず子供は元気です。

         
          頂から少し下った林の中で昼食。

          
雨風のなか急いでアンパンを詰め込み スープを飲みました。

          みんな どんな表情で済ませたか、わかりません。


               このような体験も きっといい思い出になります。


        




                       12:00


                    平谷越でくだる予定でしたが、危険とのことで別のルートをおりました。

                    ところがこの道は雨でドロドロで滑りやすく転んだら真っ黒になります。

                    どの道もキビシイ!
              
                    途中で
シャクナゲの木が沢山ありました。今年は例年より花芽が少ないそうです。

     12:55
     中山越 到着

       しばし休憩

       長崎名物の「一口香」をいただく。
         子供のころ、食べた記憶がある。懐かしい!



            中山越をそのまま真っ直ぐに進むと 金泉寺、多良岳、 五家原岳、への縦走路となっている。
            








            

                         経ヶ岳へ  中山越にて



                      中山越から八丁谷経由で黒木へ




                13:26



                              おしゃべりしながら、楽しく下る。



     13:27







               13:5

                      所々にキツネノカミソリが咲いている。花の時期がとても楽しみ!






    14:18

   八丁谷到着

   みんなで記念写真をパチリ。








         14:22



                              もうすぐゴール。


                  14:24





                                  14:30       黒木到着
                                        
                               ここで 3Yさん親子、長崎のみなさんとお別れ。

                              これを機会に ご一緒出来る日を楽しみにしてます。
                                      又お会いしましょう。

                         

                              




  
        17:15 
  福岡組 第二のビックリ企画(肉まんさんによる)
      

     帰りは鹿島市で温泉に入り
     「井手チャンポン」を食べて帰りました。

    GENさんが麺と野菜の大盛
        
ビックリする量でした。
        途中で「入るかいな」と言いながらも全部たいらげてしまい
        
これまた、ビックリでした。

    肉まんさんが麺の大盛
       「井手チャンポン」を前にして 本当にうれしそう!

    HaruとHiro  普通
         普通といってもかなりの量。
         お腹いっぱいになりました。
         スープはとんこつ味でダシが効いており
         麺は細めん
         味は最高!!

         眠気もさして、車のなかでゆっくり休まさせていただきました。