×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


山草花


ヒゴタイ


花牟礼山   1170.3m 

大分県由布市庄内町 2008 8/14  晴れ/曇り





美しい花を見るためには いろんな障害を乗り越えて!!
(一度行かれた方は、おわかりかと・・・。)



歩行距離  4.23km


「であった花」はこちらへ


参加者
Haruさん  Hiro






 同日、 倉木山ですっかり気分を良くした後、花牟礼山に行きました。
名前からして、花が多そうでとても楽しみ! 
どんなに素晴らしい展開が待っているのかと 期待が膨らみました。






天気予報では、午後から雨でしたので少しでも上へ車で行く事にしました。

広域農道の御幸トンネルの近くの四つ角から
牧野道(コンクリートの舗装道路)を登りました。


途中一ヶ所、5台程の駐車スペースあり。

牛小屋の手前を左へ。

さらに登ると
見晴らしの良い所があり、コンクリート舗装道路の終点で停車。




11:50  標高800mからスタート




アラゲハンゴンソウが元気良く迎えてくれました。





涼しい木陰の道を行くと変わったきのこに遭遇。

タマゴタケ?

 11:54  行き

14:50 帰りは開いてました





木陰を過ぎると明るい道に出ました。

キンミズヒキがたくさん。


何やら、変な臭いがしてきました。

フッと足元をみると

「 ぎゃ〜〜〜〜! 」

牛さんの大きな大きなフンです。

あちらこちらに 点点。

避けて通るのですが、ちょっとそこらの量ではありません。


右に足を出してもオットッと!
     左に足を出してもオットッと!


倉木山とは大違い
そう言えば倉木山で、ご一緒した奥様の
「フンがなければね〜」 を思い出した。




その後 もう一度

「 ぎゃ〜〜〜〜! 」

左の靴が突入!


おまけに ブヨ がまとわり着いてきます。

泣く泣く 登りました。





とうとう牛さんと出会い。

道は狭く
恐くて通れそうにありません。

ビクビクしながら 横を通ろうとしたら
なんと うしさんがそっと避けてくれました。

その後も
数頭のうしさんに出会いましたが
みんな とてもおとなしくて安心しました。










  牧野道終点の牧柵
12:25

緩やかな道をしばらく行くと
牧野道終点に到着。

牧柵をくぐり、牛さんとしばしのお別れ。
ホッとしました。



ここからは植林(杉)の急坂です。
支尾根のようです。

水分補給をしながら登りました。

途中でクロフシセンノウを発見!
鮮やかで綺麗でした。
ホソバシュロソウがたくさんです。






12:50    展望台 到着

         突然 景色が広がり、初めてヒゴタイさんとご対面。
         まだ蕾ですが、薄紫色の球形の美しいさに目を奪われてしましました。


         コオニユリさん カワラナデシコさん コウゾリナさんもいました。


          昼食と休憩




コオニユリ





カワラナデシコ


コウゾリナ





ヒゴタイ




ここから、山頂まで見晴らしの良い主尾根歩きです。





サイヨウシャジン オミナエシ コバキボウシなど花の道です。

景色も素晴らしい!






誰とも 出逢いません。


花の観賞と撮影で、ゆっくりと進みます。

夏場の草丈が高い頃、半そでの服でしたので時折両手を挙げながら。






13:40

花牟礼山 山頂到着












たくさんの花に出会えて、雄大な景色のなかを歩いているうちに
行きがけのハプニングも
どこへやら。


帰りは笑顔で 牛さんとさようなら。

またね!






15:00   駐車場 到着








牧野道を入ってすぐの所に
遠くからは 
ゆりの花と思って 近づいてみたら 
オオキツネノカミソリに似た花が咲いてました。

帰って調べるとキツネノカミソリで、初めてみました。






8/3に多良岳でオオキツネノカミソリをみて
「いつかキツネノカミソリにも出あえたらいいなァー」 と思っていたところ
偶然にも出あえました。

どんなに小さな願いでも叶ったら嬉しいです。