×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


山草花



英彦山 紅葉谷


英彦山(1199・6m)の紅葉鑑賞

2009 11/5


英彦山は、毎年、TVで紅葉が紹介されていますが、
昨年と一昨年の6月にオオヤマレンゲを見にいったくらいでした。

今回は
豊津の信ちゃんのご案内で、紅葉谷から裏英彦山のコースを歩きました。
初めて歩くルート、紅葉の時期とあり とても楽しみでした。




裏英彦山の紅葉を見ての感想は

「すべて美しいものは 隠されている」

と言うことです。

英彦山の本当の素晴らしさを、知る事が出来ました。






参加者
豊津の俊ちゃん・信ちゃん  S・TAROUさん   いーさん 







コース
キャンプ場〜紅葉谷〜中岳山頂〜南岳山頂〜裏英彦山道(籠水峠〜ケルンの谷〜薬師峠)〜豊前坊

所要時間 7時間




9:35 スタート キャンプ場


淡い黄緑の紅葉の中へ



その先が 紅葉谷。


紅葉谷

いきなり 真っ赤な紅葉があらわれ
目が覚めるような美しさに
感動!







興奮しました。


最初からこの美しさです。これからどんな展開が待っているのでしょう!





その先は 一変して


紅葉谷

年月を経た大きな木が、静かに佇み
落ち着いた雰囲気。







次は 正面登山道への道へと進みます。




正面登山道

谷をみると、真っ赤です。

あちらこちらと撮影にいそがしく 
なかなか進まないので
遠足で来た小学生の群れに 追い越されました。



(信ちゃんは、裏彦山まで 回れるかどうか? ハラハラしていたそうです。)




マユミ(檀)  中岳山頂にて
ニシシギ科

可愛いマユミの実。
割れて種が見えてます。









11:55  昼食


俊ちゃんが一番嬉しい瞬間!
右手に美味しそうな○○○。





その後、南岳山頂から鬼杉分岐までくだります。


山頂周辺の紅葉の盛りは、過ぎていました。


   






難関は、大きな岩の鎖場です。






向こうに、鹿の角の大岩が見えます。
その下の麓(裏英彦山道)を回ります。



俊ちゃんに
「あとは、くだるばかりでしょう?」
と尋ねると


コワ〜イ顔で
「いえいえ まだまだ 登ったり降りたりしますよ〜〜〜」

「エ〜〜!」





少しくだると
大きな美しいもみじの木があります。









ビューポイントです!

信ちゃん達は、この紅葉を見るために登り、眺めては引き返すそうです。

一見の価値あり!









大きな紅葉の下の材木石




途中も紅葉が綺麗!




13:40  鬼杉分岐から いよいよ裏英彦山道へ




初心者のみの入山は危険!

と書いてありました。

やはり わかりにくいルートでした。








裏英彦山

鬼杉分岐から20分で、キツネノカミソリノの自生地。

黄色や黄緑の優しい色あいの落ち着いた景色が続きます。








もみじとその向こうに「鹿の角」  裏英彦山


「鹿の角」 の下に着きました。







14:15  籠水(こもりみず)峠  裏英彦山


ここら一帯は赤と黄色です。









裏英彦山




あまりにも素晴らしい景色なので

「来年は Haruを連れて来よう!」 と言ったら

しば〜らくして 
「春に 誰を連れてくるの〜?」
と いーさん

「??」






「信ちゃんのお庭」
信ちゃんがそう言う。

Hiroちゃんのお庭に変えよう〜ッと








15:00 ひとやすみ

紅葉の美しさに 満面の笑み!








15:10 垂水の壺

ポットン。ポットン。

ほんとに垂れ水。

ポカンと口を開けて、水を待ってる いーさん。

「あっ!目に入った〜!」








15:20  ケルンの谷


俊ちゃんが言った通り登ったり降りたり!







裏英彦山

美しい景色がひっきりなし。

動画。写真。動画。写真。動画。写真。・・・・・・・・・

今日のS・TAROU さん。
カメラをなおす暇がありません。








裏英彦山



ちょっと 薄暗くなりました。

「Hiroさん 急ぎますよ〜〜〜」
といーさん。





16:00 薬師峠


裏英彦山道は、鬼杉分岐から豊前坊まで、ゆっくり歩いて2時間50分。




16:30 ゴール 豊前坊








この日は、写真を500枚程撮りました。
今までの花よりも多かったです。


紅葉谷と裏英彦山の紅葉は、ほんとに素晴らしさかったですね。

なんとも言えない爽やかな気分で山をくだりました。

心の内側まで変えられ
気がついたら癒されていた・・・・

そんな気持ちになったのは私だけではないと思います。







ご案内していただいた 俊ちゃん、信ちゃん、
企画してくれた S・TAROUさん
運転をしてくれた いーさん
お世話になりました。

とても楽しい一日を有難うございました!